新着情報

一覧

KABSE会報最新号
【KABSE会報 2015年/第7号】

産・官・学のインターフェイス

一般社団法人 九州橋梁・構造工学研究会KABSEは、土木構造に関する様々な問題を通して、産・官・学が協力し関係学協会と連携しながら、会員の技術の向上、交流および若手技術者の育成を目的として学術的な活動をしている土木関係者を中心とする技術者の集まりです。

  • 研究分科会

    構造・耐震・材料等に関するものを中心に研究分科会を設置して研究活動を行っています。
    分科会はテ-マ毎に産官学から数十名の方が集まり、それぞれの立場にとらわれない自由な雰囲気の中で活発な議論、熱心な研究を行っています。

    詳しく見る▸

  • 会報・論文集

    毎年1回会報と論文集を発行し会員に無料で配布しています。会報は新旧土木事情、進行中の工事紹介、海外リポ-ト、事業・会務報告など充実した内容ばかりでなく、各部門のエキスパ-トの会員名簿を巻末に載せ、会員の日々の仕事にも役立っています。

    詳しく見る▸

  • 書籍・報告書

    研究分科会で調査研究した結果は書籍や報告書として出版・公開されており、会員だけでなく広く国内外の技術者から好評を得ています。会員は優先的に購入することができます。

    詳しく見る▸

  • 講演会・講習会・見学会

    総会時の特別講演会をはじめ、時流に合った講演会を開催しております。
    構造物や基礎の耐震設計、橋の健全度診断などのタイムリ-でUPDATEな内容の講習会です。

    詳しく見る▸